仕事納め

ついに今日で仕事納め。
なーんか、一年早かったなぁ。

3者懇談の開始辺りから徐々に
高校受験用証明写真で
わんさかと、中学3年生のお客さんに来てもらえて
ありがたいことに
てんやわんやの大騒ぎ。

閉店後
これをしたら
絶対、喜んでもらえるだろう
魔法を一人ずつ、丁寧にかける。

『ちちんぷいぷい』
そんな簡単なもんじゃない。
手抜きは一切、許さない。

アトピーも、思春期の悩みの種も
程よく軽減する。
照明のハイライトからシャドウまで
光も肌も、グラデーションを整える。

枝毛も、後れ毛も
静電気で立ち上がったトップの髪も
ぜーんぶ、整える。

制服の埃も、汚れもリフレッシュ。
実際、これだけやってます。
手間暇かけてます。

すべては写真を受け取って
見た時の喜ぶ顔のために。
『すべては笑顔のために』
ポリシーです。
なんてね。照れ照れ。

だから、『翌日渡し』なんです。
処理能力人数、超えると
『翌々日渡し』になるんです。
撮影して、直ぐの
手を加えない
手の加えられない
『インスタント』じゃないんです。

『フォトスタジオぱれっと』の証明写真の
キレイな秘密は
ここにあるんです。
無論、記念写真は更に
もっと、キレイにします。

開業当時、確か国内売上げランキング
資生堂、カネボウ、MAXFACTORに次ぐ第4位の
とある自然派化粧品メーカーの2次代理店やってました。

目的はメイクの講習会を受講して
キレイになること、いや~ん、素敵。(笑)
・・・ではなく。

当時、変身写真の流行初めで
お客さんを撮影前に
メイクで綺麗にしてあげること。

講習会プラス
『トニー田中』さんの著書を読んで
メイクの理論を少々学びました。

プロの美容師さんや
メイクさんには到底、敵いませんが。
もちろん、当時は無料で。
ご希望の方だけ。
結構、好評でした。
デパートの化粧品売り場でやってもらった時より
気に入ったと言ってもらったこともある。
でも、今はしていません。
化粧品の『肌に合う、合わん』の問題と
時間が掛かりすぎるので。

撮影後はリタッチ。
いわゆる『写真の修整』。
20代の頃はアナログの修整でしたが
総合結婚式場の全身大の見本修整を
7軒の写真館を代表して任されてました。

修整のマイナスの理論と
メイクのプラスの理論をブレンドして
『これを見ろ!』と言わんばかりの
2段構えの美しさ。

普段ブログで、ふざけたこと言ってますが
やることは、きちんとやるんです。
きっぱり!(笑)

『うわぁ、こんな写真みられたくないわぁ』ではなく
『見て見て』と自慢して人に見せてもらいたい。
そんな写真を撮ってます。
作ってます。

おお、今日は珍しく写真のことを
真面目に語ってるぞ。(笑)

昨日は年内最終日だったので
受け取りに来るのを忘れる
お客さんもなく。
良かったー。

これで安心して、1/5(金)の登校日に
持って行ってもらえることができた。
ひと安心ひと安心。

1/5(金)に来られる中学生の方も
出来るだけ翌日渡しで
来週持って行ってもらえるように
するつもり。




一仕事終えて
街に沈む夕陽を見ながら
こんな曲が聴けたら最高。

年内に、あともう一回くらい
今年のまとめ的な?内容で書ければ・・・
まとめられるかなぁ・・・?
ここんところ、季節ものの写真を撮れてなくて。

それでは、また。
次回も乞う、ご期待!


[PR]

by ps_palette | 2017-12-29 01:15 | 季節は冬に | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード