『沖島さくら紀行』 その2

腹ごしらえも済んで
再び、桜を追いかけることにした。

d0354940_19011757.jpg

琵琶湖の水面にも届くかのように
垂れ下がる枝の桜は珍しいと思う。

なんでもそうだが、花の撮影は難しい。
勿論、花曇りでも花の写真は撮れない訳ではないけど
やっぱり、僕は光のある方が好きだ。

d0354940_19015359.jpg
しばらく撮っていると
『もうちょっとくらい風が吹いてくれてもいいのに』とか
つい、人間というのは勝手なもので思ってしまう。

そう。桜吹雪が撮りたいからだ。
でも、人間の都合の良い様に
風は吹いてくれない。

d0354940_19023761.jpg

勝手な願いにへそを曲げたのか?
今度は陽が陰ってきた。

空を見上げると結構、大きな雲が
覆いかぶさっていた。
しかも上空の風は無さそうで、雲の動きが見えない。

これは再び陽が射すまで時間が掛かりそうだ。
でも折角、場所を絞ったから
根気良く待とう。
『天候待ち』や『光待ち』はいつものことだ。
忍耐。忍耐。

しばらくすると遊歩道の向こうから
わらわらと人影が近づいてきた。
『ああ、渡し船が着いたんだな』
と、思うや否や。

まさか、こんな時に限って陽が射して来はじめるとは。
しかも皆さん、ゆっくりと記念写真を撮りながら立ち止まる。
焦る…。

勿論、僕も観光客で同じ立場だから
退いてほしいなんて、よもや言えない。

『また陰ったら、どうしよう…』
嫌な予感が脳裏をよぎる。
慌てて空を見上げる。
妙に心拍数が上がる。

d0354940_19031854.jpg
心配も束の間。
観光客の皆さんも通り過ぎて
無事に陽が射しているうちに
写真に収めることができて、やれやれ。
観光地では、よくあることだ。

d0354940_19040175.jpg
取り敢えず、晴れた日の
『桜のトンネル』を
撮るという目的は果たせたので
港へと足早に向かう。

d0354940_19045299.jpg

『光待ち』のために
一便、帰りの船に乗り遅れたので
次の船が来るまで
小学校の方へ散策する。

d0354940_19053903.jpg
再び、友達からの着信音が鳴る。
ゆっくりとしている時間もなく
港へと急ぐ。

島を離れて、船の後ろを見ると
陽はかなり傾いていて
ちょっとした小旅行気分を味わうことができた。

港に着くと思わぬ
お見送りの珍客に出くわした。

d0354940_19061339.jpg
稀に見る、人懐っこい猫。
港の奥の方から
『にゃあ。にゃあ。』と
こんな風に笑いながら近づいてきた。

何かもらえるとでも思ったのか?
お弁当を入れていたコンビニ袋の音で
どうやら近づいてきたようだ。

おかげで疲れが吹き飛んだ。
ありがとう。猫ちゃん。
いい旅になった。





[PR]

# by ps_palette | 2017-04-20 03:16 | 季節は春に | Comments(0)

『沖島さくら紀行』 その1

さくら満開の時期
滅多に晴れたことのない日曜日に晴れたので
日本で唯一の淡水湖に浮かぶ有人島
『沖島』に今回も行ってみた。



これで、かれこれ何回目だろうか?
おそらく、7,8回は桜の季節に行っていると思う。
お気に入りの場所だ。

やはり、桜の季節は同じ目的で
島へと渡る観光客も結構いる。
近年、紹介された映画の影響か、来島者が増えているように思う。
いつものように堀切港で渡し船が来るのを待つ。

d0354940_18553114.jpg

船を下りると、お目当ての琵琶湖沿いの桜並木へと直行する。
他の乗船客はまだ
そんなに、こちらへと向かってきていない。
風景の中に観光客の姿が入らぬ内に
今がチャンスとばかりにシャッターを切る。

d0354940_18561088.jpg

なかなか、こんな好条件な天候で
満開の見事な桜にはお目にかかれない。

琵琶湖沿いの桜の美しい場所で
他に思い当たるところと言えば
海津大崎の桜しか思い当たらない。

d0354940_18564726.jpg






よく見ると、既に散ってしまった桜の花びらが
遊歩道にピンク色の模様を描いている。
そういえば昨日、結構強い雨が時折、降っていたのを思い出した。
それに比べて今日は風も無く、穏やかな日だ。

d0354940_18572168.jpg
特別、陽射しも強くなく
晴れたり曇ったり。
お弁当を食べるのも忘れるくらい
夢中になって桜を追いかける。

d0354940_18580048.jpg

友達からの着信音で我に返る。
『そろそろ、どこかで食べよう』
その言葉で急にお腹が空いてきた。
気が付けば、もう2時になろうとしていた。

d0354940_19003435.jpg
取り敢えず、腹ごしらえをしてから
また、別の桜を追いかけることにした。

続く


[PR]

# by ps_palette | 2017-04-18 23:39 | 季節は春に | Comments(0)

小さい花。その名は『ムスカリ』。

今朝、通勤途上で
桜の花びらが道路脇の吹き溜まりに
片寄って残っているのを見かけました。

この春はそれほど強い雨も
突風という突風の影響もなく
満開の状態が続いていたのに
国道1号線沿いの小学校と中学校の桜が
いよいよ、少し散り始め。

でも、あちこちで色々な花が咲き始めて
これからは新緑の緑が美しい季節。

そうそう。
こんな可愛い花が咲いてました。

d0354940_18264492.jpg

可愛いでしょ?
ブドウと違うよ。(笑)
確か『ムスカリ』という名前。

ほら、あの『金太郎』の童謡に出てくる…
あれは『まさかり』です。

『天空の城ラピュタ』で
パズーとシータが飛行石のペンダントを握りしめ
『バルス!』と言った途端
『ああっ、眼がっ、眼があっ、』
ムスカです。

『ムスカリ』です。
ここ重要です。
お間違えなきように。(笑)
d0354940_18533840.jpg
ついつい、調子に乗ってしまいましたが。(笑)

春を感じさせる曲を探していたら
ふと、こんな名曲を思い出しました!

昔、昔。
大津市瀬田のヒカリヤのレコード店十字屋で
(無茶苦茶マイナーな話で、すみません)
毎日のように、かかっていた
当時の店長さん、いち押し?の
あの『尾崎亜美』さんのデビュー曲『瞑想』。



驚いてください。
ざっと40年前ですよ。
40年前!
何という才能。素晴らしい!
こんなジャジー?な感覚。(間違ってたら、ごめんなさい)
今迄なかった。
な。なんて、オシャレな。

いつも聴いてて、じわじわ沁みこんできて
シングルレコード衝動買いしましたよ。
こんな完成度の高い曲、今でも通用する気がする。

春らしい曲で、オシャレと言えばこちらも。



懐かしい!
素晴らしい!
いい曲は色褪せませんね。

ええい。新し目?で、もう1曲!



どの曲も、これから何かが始まる期待感に溢れている。
と、感じているのは私だけ?


[PR]

# by ps_palette | 2017-04-15 20:06 | 季節は春に | Comments(2)

おぼろ月夜。

最近、天気が良くないので
仕事帰りに夜空を見上げてなかった。

雨上がりの今晩、ふと空を見ると
雲に隠れたお月さんが出ていた。

『ぼんやりした月やなあ。満月かな?』
まさに、ぼんやりと霞んで見える
童謡に歌われる『朧月夜』そのもの。

『朧月夜』って漢字で書くと
こんなに馴染みの薄い難しい漢字とはね。

d0354940_20000269.jpg

アプリで調べると今宵は『十六夜』。
ほー。便利な世の中になりましたねえ。

あまりにも簡単に瞬時に情報が得られる。
新聞の月齢を探して調べる。という行為が
簡略化されてしまっている。

時代の産物というか
恩恵というか。

利便性は加速して進歩して行ってるけど
何か、情緒という部分では衰退していくような気もするなあ。
ガラにも無いこと、言ってますが。

そうそう。
『童謡』って本当に良い曲のオン・パレード!
最近、しみじみ思います。
『朧月夜』もそうだし。
『ふるさと』や『浜辺の歌』とかも。

なぜか急に聴きたくなって
Youtubeで『朧月夜』検索して聴いてみたり。



d0354940_19585227.jpg

それから、この『浜辺の歌』。
言わずもがな。
これも名曲!
メロディしかり。美しい歌詞しかり。




流石、うたのおねえさん!
声楽をされていただけあって
まあ、声も綺麗で、歌も上手い筈!

だから、『うたのおねえさん』をされてた訳で。
当たり前田のクラッカー(笑)
また古くさいこと言ってますが。

あれ?
今回は春を感じる
スティービー・ワンダーの曲を
載せるつもりだったのに
流れが変わってしまったぞ。

ええい、もう。
春絡みで載せてしまおう。



次はムスカリ。ムスカリ~。

[PR]

# by ps_palette | 2017-04-12 23:50 | 季節は春に | Comments(0)

春雷。

春雷。

昨夜、日本列島を『春雷』が駆け巡った。
え?雷って鳴ってた?と
思われるかも知れませんが。

そう、あの浅田真央ちゃんが
フィギュアスケート選手を引退したこと。

この暖かくなりつつある春の日。
まさかの速報に
じわじわと、緩やかに
衝撃が込み上げてきます。

新人選手が次々と名をあげ、活躍する中
最近はニュースでも、あまりその名前を
聞くことが減っていたような気がする。

振り返ると
特に印象に残っているのが
僕の大好きなショパンの
ノクターン変ホ長調作品9の2の
ピアノ曲に合わせて滑る演技だ。



この曲が好きなだけに
食い入るように、画面を注視していた。
曲に対しての動き、美しさが
すべてシンクロしていると感じて
まさにうっとりとして見入っていた。
というか、魅入られていた。

真央ちゃんならでは
いや、浅田真央選手以外のどんなに素晴らしい選手であっても
あの美しさは醸し出せないと
今でもその考えは変わらない。

それから忘れられないのが
ソチ・オリンピックでのSPの翌日の
フリーの演技!

あれは何度見ても
涙なくしては見られない。

涸れかけていた泉に
純水が湧きあがるかのように
じわじわあーっと涙が。
涙が瞼に溜まっていくのだよ。



ああ、やっぱり美しい!
浅田真央選手。
お疲れ様でした。
そして、たくさんの感動をありがとう。

次回は予定していた菜の花、菜の花~。


[PR]

# by ps_palette | 2017-04-11 23:38 | 季節は春に | Comments(0)