いよいよ梅雨の本降りに

『今年はカラ梅雨だったらいいのにな。』
と思ったのも束の間。
いよいよ梅雨本番の到来?と
なりそうです。
思えば随分、良いお天気が続いてたもんだ。

降らなきゃ降らないで、作物が不作となって
お米や野菜が値上がりするのは必至。

でも、毎日毎日雨はイヤですね。
洗濯物も乾かないし。
おかげでコインランドリーの乾燥機が大賑わい。

例えば二日連続降ったら三日目は晴れるとか。
お天道様も、せめてそのくらいに勘弁して欲しい。
まあ、『避けては通れぬ、夏への試練』
と割り切って我慢しよう。

ところで
紫陽花が、あちらこちらで見られる季節になってきましたね。
青系の花って、自然とその爽やかさに惹かれてしまう。
今回はじっくり撮れなかったので、次の宿題にしよう。

前から気になっていた、通り道に咲いてる花。
名前は知らないけど、
たいてい通る時間に
花びらを通ってくる逆光が何とも綺麗で。

d0354940_20152766.jpg
行きしなは時間がないので
腰を据えて、じっくり撮れないのが
何とも心もとない。

でも、この花たちを見ると
なんか、まるで
『いってらっしゃい』とでも言って
送り出してくれてるような
清々しい気分にさせてくれる。

そうそう。
これも名前も知らない
可愛らしい小さい花。
『調べてから載せろよ』と終いにお叱りを受けそうな。(笑)
この可愛い花に免じて許してちょんまげ。(笑)
これも最近、言いませんね。聞きませんね。

d0354940_20155288.jpg
最近、雨が降るまでは
夏になる前の意外と涼しかったこの時期に
AirSupplyばっかり聴いてました。





なんか、ふらっと海を見に行きたくなりますね。

次回は宿題の『紫陽花』を撮ってきて載せようかな。
乞う、ご期待!


[PR]

# by ps_palette | 2017-06-21 20:01 | 梅雨時 | Comments(0)

梅雨入り宣言したものの

急にバタバタして
だいぶ間が空いて
放置状態になってしまいました。

お待たせして申し訳ありませんでした。

前回、『ぱれっと流音楽分類』と称して
『ダンス・ミュージック』を取り上げました。

あれから又、魅力的なダンサーを発見したりして
新たに紹介しようかとも思いましたが
前回、やや紹介しすぎた感もあって
紹介するには、ちょっと数不足と。

それなら
今回は『鑑賞する音楽』として
じっくりと腰を据えて、音楽と向き合う。
そんな楽曲を。と思いきや。

ああ、そうだった。

よくよく考えたら、ここ十何年も
鑑賞するような楽曲は
季節によって聴きたい曲が
自然と変わるのを思い出した。
と言う次第です。

また従来通り
ちょこちょこと
思いついた楽曲を紹介していきたいと思います。

あっと言う間に季節は
梅雨入りとなりました。

日本の6月は
北米みたいに年中で一番爽やかな
『インディアン・サマー』と言われる6月とは
程遠く。

じめじめ、むしむしと。
洗濯物がスッキリと乾かない
嫌~なイメージがありますね。

梅雨の時期って
光り輝く夏を迎える前に
乗り越えなければならない
一種、試練のようなところを
特に青春時代は感じていて
楽しい『夏休み』のためには
ひたすら耐える。というように
過ごしていた気がします。

はてさて、この時期
20代の頃、何を聴いていたかな?

音質の良い方で。




流石に少年少女合唱団に入っていただけあって
声も綺麗だし、歌も上手いですね。
『薬師丸ひろ子』の声がオーディオ専門誌で
オーディオ器機のサウンド・チェックに使われていた
というのも頷ける。

それから、この時期の定番と言えば


本当に切ない良い声しておられますね。
メロディも歌詞も嫌味がなく
押し付けがましくもなく
そういうところが、いいですはんそん。
また言ってしまった。(笑)
なんか声自体に説得力があるんでしょうね。

そうそう、こんな曲も流行ってました。


日本では小林麻美
『雨音はショパンの調べ』というタイトルで
カバー曲を出していました。
こちらは本家本元のオリジナル曲。
僕もショパン、大好きです。

極めつけはこれこれ。
夏が来るのを心待ちにしている
という気持ちにピッタリな曲を音質優先で。



この早見優のアルバムで確か『LANAI』
ドライブ・ミュージックとしては
もう、それはそれは秀逸で
爽やかで、飽きなくて
何かひと夏、車で聴いていた気がします。
このCDがヤフオクでも中々、出てこないくらいで
未だにゲットできない状況です。

結局、音楽の話になりましたね。(笑)
今回はこんなところで。
では、また。
次回も乞う、ご期待!

[PR]

# by ps_palette | 2017-06-11 02:18 | 梅雨の合間は | Comments(0)

その2 ぱれっと流音楽分類 『ダンス・ミュージック』

お待たせしました!

前回の予告通り、
最近、言いたくて言いたくて
うずうずしていた内容。
それは『ダンス』

持論ですが音楽を二つに大分すると

どっしりと腰を据えて
『鑑賞する音楽』
身体を動かさずにはいられない
『踊りだしたくなる音楽』
いわゆる
『ダンス・ミュージック』
振り分けて聴いています。

いつも踊ってる訳じゃないので
あくまでも『踊りだしたくなる音楽』(笑)

僕らの年代からダンスと言えば
真っ先に名前を挙げるのは
何と言っても
世界に最も多大な影響を与えた

Michael Jackson


音と動きがシンクロした
これぞ、ダンス!と言わんばかりの
背筋に電撃が走る位のカッコ良さ!

このダンスを『カッコいい』と呼ばずして
何を『カッコいい』と呼ぶのだろう?

Michael Jacksonが亡くなった時の衝撃と言ったら
言葉を失ってしまった。
到底、信じられなかった。

そんな話は嘘だ!
嘘に決まってる。
しばらく身を隠すためのデマを流しているだけなんだと。
彼の死を受け入れるには数年掛かってしまった。

おおよそ、ダンス・ブームの時同じくして
この映画もダンスの楽しさ、素晴らしさを
教えてくれた。



このシーンを観てしまうと
ここに至るまでの経緯を知ってるだけに
なぜか、じーんと込み上げてくる。

この当時、
『FlashDance』『Footloose』と言った
ダンス映画が軒並みヒットした時代に
前述の映画よりはマイナーかも知れないが
現在活躍中のダンサーにとっては
バイブル的存在の映画がこの
『BreakDance』

ちなみに大雑把な解説だが
背の高い方のダンス・ネームが『オゾン』
踊っているスタイルは主に『ロック・ダンス』

背の低い方のダンス・ネームが『ターボ』
踊っているスタイルは
『ポッピン』と呼ばれる
くねくねした動きと
『ブレイキン』と呼ばれる
床で体を回転させて踊るスタイル。

お笑い芸人のナインティナインの岡村さんが習得しているのが
この『ブレイキン』で相当上手いと思う。

Michael Jacksonの没後か生前かは定かではないが
『Britains Got Talent』と言った
才能のある無名の新人を発掘する番組が
世界各国で制作され脚光を浴びることとなった。
そんな中でイギリスでは



もう、最高!
なんて楽しいんだろう!

次にはこんな凄い少年がトルコから


絶句。
言葉に出来ない位、素晴らしい!
よくぞ、ここまで!

『ポッピン』で超有名なアメリカのダンサーの凄いコラボはこれだ!



日本国内にも本場アメリカでも絶賛されている
超絶技巧の凄いダンサーを紹介しよう!
その名は
Hilty & Bosch


日本の『ロック・ダンス』の第一人者と言っても過言は無いと思う。
ちなみに『ロック・ダンス』『ロック』
音楽のジャンルの『Rock』ではなく
鍵をかける方の『Lock』である。

リズム、楽曲に合っているからこそ、ダンス!
リズム、楽曲に合っているからこそ、カッコいい!
というのを教えてくれた。

昨今の日本のダンスシーンに革命をもたらした
ハイヒールで踊るテクノ・ポップ3人組娘と言えば
Perfume


いとも簡単に踊っているかの様に見える
この子たちのダンス・スキルはとんでもないハイ・レベルだ。

しかも踊りにくいと言うより
あんなに難しいダンスを
従来の感覚で考えれば、踊れる筈のない
ハイヒールで踊っているのだから
計り知れないダンスのセンスとスキルは言うまでもない。
また、3人が織りなすダンスの構成力が素晴らしい。

ここ暫く話題がないが
忘れられないダンス・スキルのユニットが
少女時代


どちらかと言えば
アメリカで活躍中のダンサー・振付師である
仲宗根梨乃が振り付けた
レッグ・ダンスで脚光を浴びた
『Genie』の方が有名かも知れない。
この『Gee』は可愛い系の楽曲であり、ダンスである。
のちはカッコいい系?のダンスに移行していったようだ。

最近、めざましテレビなどのワイドショーで
あちらこちらで軒並みに紹介されている
世界的人気の同じく韓国のダンス・ユニット
防弾少年団が凄い勢いだ。


MV(ミュージック・ビデオ)の方が
映像表現としては良いのだが
ダンス・スキルや構成力を観てもらうために
敢えて、こちらの方を紹介させてもらった。
このリズム感とダンスは尋常じゃないほど凄い。

まだまだ紹介したい有名周知なダンサーや
ダンス・ユニットはある訳だが
数年前から、この人は凄いと思っていた
シンガーでありダンサーの
三浦大知



もっと注目されて世界に羽ばたいてほしい、
日本人として誇りに思える
お気に入りのシンガーであり、ダンサーだ。


撮り直しのきかないライブ・イベントで
これだけのハイ・レベルで歌って踊れるのだから
凄いとしか言いようがない。

Michael Jackson亡き今、
日本で本当に歌って踊れる
安室奈美恵と並ぶことのできるのは
男性では三浦大知が一押しのお気に入りだ。

次回の内容は未定ですが
乞う、ご期待!
では、また。

[PR]

# by ps_palette | 2017-05-24 02:46 | ♪音楽の話♪ | Comments(0)

その5 『プログレッシヴ・ロック』との出会い

かなり、間が空いてしまいましたが
予告通り『プログレッシヴ・ロック』
通称『プログレ』について
熱く!
語りたいと思います。

時は今からさかのぼること40年前!
自分で書いて驚いてる…。

つい、こないだまで『自然回帰志向』で
アメリカのカントリー&ウェスタンである
ジョン・デンバーを聴いて
おだやかなライフ・スタイルに憧れ
ほのぼのしていた筈なのに。

高校に入った途端。
あっと言う間に『ロック』
打って変わってヨーロッパ。
しかも『ブリティッシュ・ロック』
しかも『プログレッシヴ・ロック』という
今まで聴いたこともない、
未知の領域に両脚を突っ込もうとは
知る術もなかったのである。
…友達の影響って凄いねえ。

『プログレッシヴ・ロック』
先ずは、その演奏。
現在みたいに録音した後で、表現も音色も
デジタルで勿論、いじりまくれる時代じゃなかった。
それを当時は、演奏技術でやってのけたという、
とんでもない凄い演奏技術、時代だったと思う。

特に『プログレッシヴ・ロック』のバンドは
もう、本当に『超絶演奏技巧集団』ともいえるほど
それぞれの楽器のエキスパートが集結したようなものだった。

ライブのアルバムの方が、スタジオ録音のアルバムより
演奏が優れていて評価が高い!なんて、ざらにある。

たとえば
YES『Yes Songs』であったり。
Genesis『Seconds Out』であったり。

それと音楽性。
たぶんクラシックの組曲と同じように共通性があって
いつも感動する美味しいパートだけ
つまみ食いして聴いても
きちんとフルで聴いた時ほどの感動は得られない。

聴けば聴くほど
スルメのように(例えが古いが)味が出てくる。

眼を閉じて聴いていると
聴けば聴くほど
情景描写が出来るようになってきて
細かい表現までが
手に取るように解るようになってくる。

『プログレ』のそれぞれのバンドの作り出す
楽曲の深遠なる世界
どっぷりと、はまっていく。

最初、友達に紹介された時は
何が何やら、ちんぷんかんぷん
解読不可能だった楽曲が
だんだん、だんだん、
それこそ中毒のように
心地良さを求めていくようになる。

とても、各バンドについて代表曲を1曲なんて
選び抜けるもんじゃないが
敢えて、印象に残ってる曲を
好みと独断で。

Pink Floyd / the great gig in the sky
この夕空に響き渡るかのような、スキャットが圧巻。

EL&P / Jerusalem
このモーグ・シンセサイザーの神がかり的な転がるような音色。

YES / Wonderless Stories
天上世界のような幻想に浸れるかな?

Camel / Chord Change
メロディ、スピード、リズム。
満月の夜に高速で飛び回るような。
もう、ただただ、酔いしれて。

Genesis / Dance on a Volcano-Los Endos
せめて、ここから聴いてもらわないと。
超絶ツイン・ドラムにノックアウト!
陽が暮れるまでに行かなければ!

どうですか?
堪能できましたか?
初めて聴く方も
気に入って頂けたら嬉しいです。

次回は時系列で行くと
『フュージョン』になるんですが
ちょっと気になる
ぜひ紹介したい、ジャンルと言おうか
音楽とは切っては切り離せない
紹介したくて、ウズウズする内容が
急浮上してきたので。

乞う、ご期待!


[PR]

# by ps_palette | 2017-05-13 19:07 | ♪洋楽との出会い♪ | Comments(0)

その4 『自然回帰志向』

皆さん、ゴールデンウィークは如何お過ごしでしょうか?
たいてい例年、一日位は天気が崩れて荒れ模様になりますが
今年は安定していて行楽日和だったと思います。

前回の予告通り、
1975年頃はちょうど
アメリカの文化や流行が
どんどん日本に紹介されて
各テレビ局も、アメリカの連続ドラマを吹き替えで放映していた。
当時はまさに『血沸き肉躍る』のワクワクするドラマが目白押しだった。

中でも今、思い出したのは

『600万ドルの男』
『バイオニック・ジェミー』

記憶がおぼろげだが、何らかの事故で
特殊工作員?がサイボーグ化手術によって
一命をとりとめ、そのサイボーグの驚くべき能力で
難事件を解決し、活躍するといった内容だったように思う。



こういった、SFアクションものとは対照的に
アメリカの開拓時代に
喜怒哀楽を共に生きる
家族の日常的な温かい物語が

『大草原の小さな家』だった。

そのドラマの中に登場する
ログ・ハウスといった建築様式の丸太小屋や
フランネル・シャツ、オーバー・オール、ワーク・ブーツなど
ファッションを含め
全てのライフ・スタイルやアイテムが憧れの的だった。

何もかも便利な今の時代もいいけど
たとえ不便でも、こんなに温かい人との繋がりで
生きていけることを教えてくれるかのような
まさに『自然回帰志向』のはしりのようなドラマだった。



家族とはこういうもの、
将来、こういった家族を築きたいと
子供心に思ったものだ。

こんなさなか、機は熟したと言わんばかりに
ジーンズのCMで流れたのが


John Denver / sunshine on my shoulders
ジョン・デンバーの
『太陽を背に受けて』だった。

何というか、息を吞むというか
怒りや悲しみや悩み、
全てのマイナスな感情をなだめるかのような
優しい調べに耳を傾けたのだった。

全ては紹介しきれないが
代表的なもので


John Denver /take me home,country roads
『故郷へ帰りたい』

のちに『カントリー・ロード』として
オリビア・ニュートン・ジョンのカバーや
ジブリの映画『耳をすませば』でも日本語で歌われ
老若男女を問わず、有名になった。


John Denver / rocky mountain high


John Denver / Annie's Song

何と言っても、ジョン・デンバーの魅力は
透き通った爽やかな歌声で
日常の悩みや悲しみや怒りを全て
忘れさせてくれるかのような
時間にどっぷりと浸れる、
安らぎを与えてくれる
といったところだろうか。



John Denver / back home again

話は変わって
時は流れ、高校に入ってからは
友達の影響でガラッと音楽の志向が変わったというか
幅が広がったというか。

振り返れば今までで一番、音楽に向き合って
それこそ、オーディオの原則?定石?通り
左右のスピーカーを底辺として
二等辺三角形の頂点の位置で
眼を閉じて聴いていたのは
この頃だったと思う。

次回はクラシックとロックが融合したような

『プログレッシヴ・ロック』

通称『プログレ』について
熱く語りたいと思います。
乞う、ご期待!


[PR]

# by ps_palette | 2017-05-07 01:36 | ♪洋楽との出会い♪ | Comments(0)