その5 『プログレッシヴ・ロック』との出会い

かなり、間が空いてしまいましたが
予告通り『プログレッシヴ・ロック』
通称『プログレ』について
熱く!
語りたいと思います。

時は今からさかのぼること40年前!
自分で書いて驚いてる…。

つい、こないだまで『自然回帰志向』で
アメリカのカントリー&ウェスタンである
ジョン・デンバーを聴いて
おだやかなライフ・スタイルに憧れ
ほのぼのしていた筈なのに。

高校に入った途端。
あっと言う間に『ロック』
打って変わってヨーロッパ。
しかも『ブリティッシュ・ロック』
しかも『プログレッシヴ・ロック』という
今まで聴いたこともない、
未知の領域に両脚を突っ込もうとは
知る術もなかったのである。
…友達の影響って凄いねえ。

『プログレッシヴ・ロック』
先ずは、その演奏。
現在みたいに録音した後で、表現も音色も
デジタルで勿論、いじりまくれる時代じゃなかった。
それを当時は、演奏技術でやってのけたという、
とんでもない凄い演奏技術、時代だったと思う。

特に『プログレッシヴ・ロック』のバンドは
もう、本当に『超絶演奏技巧集団』ともいえるほど
それぞれの楽器のエキスパートが集結したようなものだった。

ライブのアルバムの方が、スタジオ録音のアルバムより
演奏が優れていて評価が高い!なんて、ざらにある。

たとえば
YES『Yes Songs』であったり。
Genesis『Seconds Out』であったり。

それと音楽性。
たぶんクラシックの組曲と同じように共通性があって
いつも感動する美味しいパートだけ
つまみ食いして聴いても
きちんとフルで聴いた時ほどの感動は得られない。

聴けば聴くほど
スルメのように(例えが古いが)味が出てくる。

眼を閉じて聴いていると
聴けば聴くほど
情景描写が出来るようになってきて
細かい表現までが
手に取るように解るようになってくる。

『プログレ』のそれぞれのバンドの作り出す
楽曲の深遠なる世界
どっぷりと、はまっていく。

最初、友達に紹介された時は
何が何やら、ちんぷんかんぷん
解読不可能だった楽曲が
だんだん、だんだん、
それこそ中毒のように
心地良さを求めていくようになる。

とても、各バンドについて代表曲を1曲なんて
選び抜けるもんじゃないが
敢えて、印象に残ってる曲を
好みと独断で。

Pink Floyd / the great gig in the sky
この夕空に響き渡るかのような、スキャットが圧巻。

EL&P / Jerusalem
このモーグ・シンセサイザーの神がかり的な転がるような音色。

YES / Wonderless Stories
天上世界のような幻想に浸れるかな?

Camel / Chord Change
メロディ、スピード、リズム。
満月の夜に高速で飛び回るような。
もう、ただただ、酔いしれて。

Genesis / Dance on a Volcano-Los Endos
せめて、ここから聴いてもらわないと。
超絶ツイン・ドラムにノックアウト!
陽が暮れるまでに行かなければ!

どうですか?
堪能できましたか?
初めて聴く方も
気に入って頂けたら嬉しいです。

次回は時系列で行くと
『フュージョン』になるんですが
ちょっと気になる
ぜひ紹介したい、ジャンルと言おうか
音楽とは切っては切り離せない
紹介したくて、ウズウズする内容が
急浮上してきたので。

乞う、ご期待!


[PR]

by ps_palette | 2017-05-13 19:07 | ♪洋楽との出会い♪ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード