その2 『永遠の名曲』

前回の予告通り、
○ー○○○ー○を紹介しましょう。
もう皆さん、おわかりかな?

当時、FM放送だけにとどまらず
中学校の給食の時間に校内放送でも流れていて
聴いたことのない人はいないだろうと思う。

このキャッチーでセンチメンタルなメロディは
一度聴いたら忘れられない。

サビのところの『every shalala,every woh woh』は
皆さん、口ずさんだ思い出があるでしょ?


そう、カーペンターズだ。
永遠のスーパーデュオと言っても、過言は無いくらい。
言わずもがな、世界中で愛されている兄妹。

この曲がどうしても歌いたくて歌いたくて
当時、早速レコード屋さんに買いに走り。

まだ習ってない単語の連続で
何回もレコードを
かけては聴き、かけては聴き。
単語を正確に読めないから、
耳で聴いた通りのカタカナに置き換えて
そのメモを見ながら、カレンの歌声に合わせて
覚えたものだった。

今でも、たまに風呂の中で
気まぐれで、口ずさんだり
案外、覚えてるものだ。
まあ、音程は別として。(笑)

これほど、人の心を揺り動かす声の持ち主は
もう現れないだろう。
それ程までに、カレンの歌声は唯一無二である。

1970年代を象徴するかのような
美しいメロディの数々。
とても一回で、もちろん全ての曲を
紹介しきれる訳はなく
カーペンターズを好きな人は皆それぞれ
好みが分かれるところだが
独断で、あえてこちらの曲を。







カーペンターズを愛してやまない方たちには
懐かしくて、そして切なくて
あの頃に思いを馳せたりしたのではないでしょうか。

カレンが亡くなった時は
本当に心に大きな風穴が開くぐらいの衝撃でした。
でも今だに、僕にも皆さんにも
心の中にカレンは歌声とともに
生き続けていることと思います。

次回は…
『なんだ?この胸を搔きむしられるような旋律は!』
多くは語らず。
では、また。
乞う、ご期待!

[PR]

by ps_palette | 2017-05-01 00:15 | ♪洋楽との出会い♪ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード