『沖島さくら紀行』 その2

腹ごしらえも済んで
再び、桜を追いかけることにした。

d0354940_19011757.jpg

琵琶湖の水面にも届くかのように
垂れ下がる枝の桜は珍しいと思う。

なんでもそうだが、花の撮影は難しい。
勿論、花曇りでも花の写真は撮れない訳ではないけど
やっぱり、僕は光のある方が好きだ。

d0354940_19015359.jpg
しばらく撮っていると
『もうちょっとくらい風が吹いてくれてもいいのに』とか
つい、人間というのは勝手なもので思ってしまう。

そう。桜吹雪が撮りたいからだ。
でも、人間の都合の良い様に
風は吹いてくれない。

d0354940_19023761.jpg

勝手な願いにへそを曲げたのか?
今度は陽が陰ってきた。

空を見上げると結構、大きな雲が
覆いかぶさっていた。
しかも上空の風は無さそうで、雲の動きが見えない。

これは再び陽が射すまで時間が掛かりそうだ。
でも折角、場所を絞ったから
根気良く待とう。
『天候待ち』や『光待ち』はいつものことだ。
忍耐。忍耐。

しばらくすると遊歩道の向こうから
わらわらと人影が近づいてきた。
『ああ、渡し船が着いたんだな』
と、思うや否や。

まさか、こんな時に限って陽が射して来はじめるとは。
しかも皆さん、ゆっくりと記念写真を撮りながら立ち止まる。
焦る…。

勿論、僕も観光客で同じ立場だから
退いてほしいなんて、よもや言えない。

『また陰ったら、どうしよう…』
嫌な予感が脳裏をよぎる。
慌てて空を見上げる。
妙に心拍数が上がる。

d0354940_19031854.jpg
心配も束の間。
観光客の皆さんも通り過ぎて
無事に陽が射しているうちに
写真に収めることができて、やれやれ。
観光地では、よくあることだ。

d0354940_19040175.jpg
取り敢えず、晴れた日の
『桜のトンネル』を
撮るという目的は果たせたので
港へと足早に向かう。

d0354940_19045299.jpg

『光待ち』のために
一便、帰りの船に乗り遅れたので
次の船が来るまで
小学校の方へ散策する。

d0354940_19053903.jpg
再び、友達からの着信音が鳴る。
ゆっくりとしている時間もなく
港へと急ぐ。

島を離れて、船の後ろを見ると
陽はかなり傾いていて
ちょっとした小旅行気分を味わうことができた。

港に着くと思わぬ
お見送りの珍客に出くわした。

d0354940_19061339.jpg
稀に見る、人懐っこい猫。
港の奥の方から
『にゃあ。にゃあ。』と
こんな風に笑いながら近づいてきた。

何かもらえるとでも思ったのか?
お弁当を入れていたコンビニ袋の音で
どうやら近づいてきたようだ。

おかげで疲れが吹き飛んだ。
ありがとう。猫ちゃん。
いい旅になった。





[PR]

by ps_palette | 2017-04-20 03:16 | 季節は春に | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード