『沖島さくら紀行』 その1

さくら満開の時期
滅多に晴れたことのない日曜日に晴れたので
日本で唯一の淡水湖に浮かぶ有人島
『沖島』に今回も行ってみた。



これで、かれこれ何回目だろうか?
おそらく、7,8回は桜の季節に行っていると思う。
お気に入りの場所だ。

やはり、桜の季節は同じ目的で
島へと渡る観光客も結構いる。
近年、紹介された映画の影響か、来島者が増えているように思う。
いつものように堀切港で渡し船が来るのを待つ。

d0354940_18553114.jpg

船を下りると、お目当ての琵琶湖沿いの桜並木へと直行する。
他の乗船客はまだ
そんなに、こちらへと向かってきていない。
風景の中に観光客の姿が入らぬ内に
今がチャンスとばかりにシャッターを切る。

d0354940_18561088.jpg

なかなか、こんな好条件な天候で
満開の見事な桜にはお目にかかれない。

琵琶湖沿いの桜の美しい場所で
他に思い当たるところと言えば
海津大崎の桜しか思い当たらない。

d0354940_18564726.jpg






よく見ると、既に散ってしまった桜の花びらが
遊歩道にピンク色の模様を描いている。
そういえば昨日、結構強い雨が時折、降っていたのを思い出した。
それに比べて今日は風も無く、穏やかな日だ。

d0354940_18572168.jpg
特別、陽射しも強くなく
晴れたり曇ったり。
お弁当を食べるのも忘れるくらい
夢中になって桜を追いかける。

d0354940_18580048.jpg

友達からの着信音で我に返る。
『そろそろ、どこかで食べよう』
その言葉で急にお腹が空いてきた。
気が付けば、もう2時になろうとしていた。

d0354940_19003435.jpg
取り敢えず、腹ごしらえをしてから
また、別の桜を追いかけることにした。

続く


[PR]

by ps_palette | 2017-04-18 23:39 | 季節は春に | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード