おぼろ月夜。

最近、天気が良くないので
仕事帰りに夜空を見上げてなかった。

雨上がりの今晩、ふと空を見ると
雲に隠れたお月さんが出ていた。

『ぼんやりした月やなあ。満月かな?』
まさに、ぼんやりと霞んで見える
童謡に歌われる『朧月夜』そのもの。

『朧月夜』って漢字で書くと
こんなに馴染みの薄い難しい漢字とはね。

d0354940_20000269.jpg

アプリで調べると今宵は『十六夜』。
ほー。便利な世の中になりましたねえ。

あまりにも簡単に瞬時に情報が得られる。
新聞の月齢を探して調べる。という行為が
簡略化されてしまっている。

時代の産物というか
恩恵というか。

利便性は加速して進歩して行ってるけど
何か、情緒という部分では衰退していくような気もするなあ。
ガラにも無いこと、言ってますが。

そうそう。
『童謡』って本当に良い曲のオン・パレード!
最近、しみじみ思います。
『朧月夜』もそうだし。
『ふるさと』や『浜辺の歌』とかも。

なぜか急に聴きたくなって
Youtubeで『朧月夜』検索して聴いてみたり。



d0354940_19585227.jpg

それから、この『浜辺の歌』。
言わずもがな。
これも名曲!
メロディしかり。美しい歌詞しかり。




流石、うたのおねえさん!
声楽をされていただけあって
まあ、声も綺麗で、歌も上手い筈!

だから、『うたのおねえさん』をされてた訳で。
当たり前田のクラッカー(笑)
また古くさいこと言ってますが。

あれ?
今回は春を感じる
スティービー・ワンダーの曲を
載せるつもりだったのに
流れが変わってしまったぞ。

ええい、もう。
春絡みで載せてしまおう。



次はムスカリ。ムスカリ~。

[PR]

by ps_palette | 2017-04-12 23:50 | 季節は春に | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード